島村楽器 えきマチ1丁目佐世保店 シマブロ

島村楽器 えきマチ1丁目佐世保店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

『DAW研究会』~レコーディング、宅録セミナーを開催します!~

7月16日(日)、studioforce-music代表大山氏をお招きして1から始める録音セミナーを開催します!これでアナタもレコーディングが楽しくなります。

楽器を弾いている方に、今よりもっと楽しんでいただくために、「録音して演奏を作品にする!」をテーマにご案内致します!実際にその場で録音をして簡易的ですがCDにまでしてみます!ぜひ参加して欲しいです!
「録音機材って何だか難しそう…」
「パソコン?ちょっとアレルギーが…」
「作業が面倒、その時間を練習に当てたい…」
などなど、今まで「録音=マイナスイメージ」だった方もぜひセミナーをうけてみてください!

 studioforce-music:HP

http://studioforce-music.com/

studioforce-music講師:大山ともゆき

 10代の頃からコンピュータ音楽をはじめる。

 大阪の音楽スタジオに就職

 ラジオ番組などのジングル制作をはじめる。

 当時の大阪ブルーノートのエンジニアを師とし、レコーディングのノウハウを教わる。

 拠点を東京に移しカシオ電子計算機でキーボードの音色開発のメンバーとして数々の音色を手掛ける。

 30代から拠点を長崎に移し、全世界の放送業界に楽曲を提供。

 現在、波佐見町でstudioforce-musicを立ち上げ、レッスン、レコーディングを手掛けている。

 ときどき島村楽器で勤務。 

 

レコーディングのご相談は島村楽器佐世保店へ!

何をそろえればいいの?

この質問については正解はありません。なぜなら、やりたいこと、やろうとしていることによって必要な機材は変化するからです。この点については実際にセミナーで足直接皆様のご要望をお聞きし、お答えしたいのでので是非セミナーに参加してください!

必要最低限の機材は?

やはり必要最低限用意すべき機材は存在します。

まずは「パソコン」。(windowsMac共に可)スペックについては、①CPU②OS③メモリ数、この三点がとても重要になってきます。

次に「DAWソフト」。上記でもさらっとこの単語が出てきますが、実際に音源を録音したり編集したりするソフトウェアなので必須です。(すでにMacをお持ちの方はガレージバンドというソフトが入ってると思うので見てみてください。)

最後に「オーディオインターフェース」。これについては無くてもいいのでは?という方もいらっしゃるかもしれませんが、この機材を使うだけで入力の音も出力の音も劇的に変わります。「DTMやらないけどいい音で音楽を聴きたい」という方がリスニングのためだけに使うことがあるくらいです。安いものだと一万円しないものもあるので、私個人としては必要最低限のリストに入れるべきなのではと思います。

皆様の参加おまちしております!

島村楽器 佐世保店:0956-42-0220

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.